レポート

アイティメディア株式会社

だから、ITツールを生かせない

ITツールの進展とともに情報共有環境は進化してきた。だがツールの進展と比例して情報共有も活性化してきたとは言い難い。そしてこうした現象は情報共有ツールに限ったことではない。情報共有ツールの導入事例から、ツール全般にあてはまる導入・浸透の鉄則を探る。

要約

 ビッグデータのトレンドを受けて「情報活用」があらためて見直されている。ただ、活用の在り方としては「分析」とともに「共有」も課題となり続けてきた。TechTargetジャパンが2011年7月に行った「情報共有に関するアンケート調査」(調査対象:TechTargetジャパン会員/調査期間:2011年7月12日〜21日/有効回答数:200件)でも、ほとんどの企業で電子メールやグループウェアなどが導入されているにもかかわらず、情報共有環境に「満足している」と答えた企業はわずか10%。「不満を感じている」企業が37.5%にも上った。

 だが近年は、以上のツールは機能が強化されている他、スマートデバイスの導入も進むなど、情報共有基盤は年々充実している。にもかかわらず、「不満を感じている」企業が多い理由はどこにあるのだろうか?

 本稿では、TwitterやFacebookに似たUIを持ち、自分の発言やフォローしたユーザーの発言がタイムライン上に表示される社内SNS「Salesforce Chatter」の導入事例を紹介。併せてスマートデバイスの導入に成功した企業の声も収録し、情報共有ツール導入のハードルと解決策を通じて、「目的起点で考える」ツール全般に当てはまる活用の鉄則を探る。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/01/28
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ697 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け

関連情報リンク

TechTarget プレミアムコンテンツライブラリ
米国TechTargetのComputer Weekly、製品導入ガイドの日本語版やTechTargetジャパン発のIT INSIDER、TechTargetジャパン プレミアムなどのPDFコンテンツです。TechTargetジャパン会員であれば無償でダウンロードできます。