レポート

アイティメディア株式会社

ITセキュリティに対するAmazon Web Servicesの意外なインパクト

企業の業務アプリケーションにおけるクラウドサービス利用が拡大するためには、サービス事業者のセキュリティについて確信が持てなければならない。だが、Amazon Web Services(AWS)が提供しているセキュリティ機能を検討すると、これまであまり議論されてこなかった企業ITセキュリティの新たな側面に着目していることに気づく。

要約

 IaaSのセキュリティにユーザー企業がどこまで信頼を寄せることができるか。これは、可用性の問題とともに、企業の業務システム運用用途での、IaaS利用の進展スピードを大きく左右するポイントだ。

 だが現在のところ、「かゆいところに手が届くような」議論はあまり聞くことができない。その一因は、セキュリティへの取り組みもまちまちなIaaS事業者を、無理やり一般化して議論しようとすることにある。

 そこで本コンテンツでは、クラウドサービス分野におけるリーダー的な企業であり、セキュリティについても多角的な取り組みを進めているAmazon Web Services(AWS)を取り上げ、同サービスのセキュリティ機能について考える。

 興味深いのは、従来の企業ITセキュリティに関する議論では語られなかったような、新たな認識に基づく対策を、AWSが推進しようとしていると見られることにある。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/01/23
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間11ページ
ファイルサイズ667 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け

関連情報リンク

TechTarget プレミアムコンテンツライブラリ
米国TechTargetのComputer Weekly、製品導入ガイドの日本語版やTechTargetジャパン発のIT INSIDER、TechTargetジャパン プレミアムなどのPDFコンテンツです。TechTargetジャパン会員であれば無償でダウンロードできます。