技術文書

株式会社ブレインチャイルド

Excelでできる! 調達・販売・在庫の同時管理。現場から生まれたツールで実現!

調達・在庫・販売を管理する高額なシステムを導入しても、自社の特性に合うとは限らない。現場で培われた知恵にこそ本当に必要な管理項目が存在する。現場の特性を活かしすぐに効果が出せるツールを紹介する。

要約

 経営者が経営の舵取りをする上で必要な「損益計算書(P/L)」、会社が利益を上げているか損をしているかを判断する材料と言えるが、需給のバランスをおさえていないと“儲けているのか損をしているか”が分かりづらくなってしまうことがあるのだ。5年連続利益を上げていて自己資本も増えて順調の企業が急に資金繰りが苦しくなって倒産・・、こんなケースも珍しくない。いったい何が原因だったのだろうか。

 その理由は調達・在庫・販売のアンバランスな管理が招いた結果であった。

 今回ご紹介するのは、製造業の現場のロジックを元に生まれた調達・販売・在庫(PSI)管理ツールである。不確定要素が多い予測ではなく、実需に基づくバランス管理でキャッシュフローを改善。

 製造業・流通業などで、調達・在庫・販売のアンバランスな管理や在庫の最適化に課題を抱えている方にぜひお薦めしたいコンテンツである。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2012/10/26
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ1020 KB
対象業種製造、流通
対象企業規模全企業規模向け