製品資料

ヴイエムウェア株式会社

仮想化のメリットを生かしきれないデータセンターの共通点

仮想化技術を導入すると、リソースの効率化など多くのメリットを享受できる。しかし、多くのデータセンターでは、インフラの柔軟性や管理性の低さがその導入効果を妨げている。

要約

 仮想化技術を導入すると、複数のサーバを統合できリソースの利用効率が向上する。しかし、システムの規模が多くなるほど、仮想化の利点であるはずの「効率性」「俊敏性」が損なわれているのが現状だ。その要因は、従来型のアーキテクチャで構成されるシステム基盤にある。

 従来のアーキテクチャのままで仮想化技術を導入した場合、サーバやストレージ、ネットワークなどの機器が増えるごとに、その構成が複雑化して管理ポイントが増えてしまう。その結果、迅速なアプリケーションの導入やシステムの拡張などを妨げるだけでなく、運用担当者の管理領域を曖昧にして作業負荷を増大させている。

 本稿では、そうした仮想化のメリットを生かしきれていないデータセンターへの解決策として、導入効果を最大化できるシステム基盤の構築を提案する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2012/04/17
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間18ページ
ファイルサイズ1.28 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け