技術文書

株式会社シマンテック

Red Hat移行を検討するSolarisユーザー向け戦略的移行ガイド

Solaris から Red Hat Enterprise Linux へインフラとデータを安全・確実に 移行するにあたってのベストプラクティスを解説する。

要約

 オラクルのサン・マイクロシステムズの買収により、ベンダーロックインやコスト高を懸念して他環境への移行を考えるSolarisユーザー企業は少なくないだろう。しかし重要なデータを移行する際には、移行を効率的に進めること、リスクを最小限に抑えることなど重視しなければならないポイントがある。

 このホワイトペーパーでは、Solaris から Red Hat Enterprise Linux へインフラとデータを移行するにあたって、リスクも業務の中断もなく計画を実行するためのベストプラクティスを紹介する。

主な内容
- 移行に際して検討すべき事項
- 実際の移行プロセス
- 事例紹介

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2012/04/10
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間54ページ
ファイルサイズ1.07 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業

関連情報リンク

製品紹介;Veritas Storage Foundation
Windows, Linx, UNIXの混在するヘテロジニアスなストレージ環境を効率的に管理するためのソリューション。