事例

デル株式会社

実例を通して学ぶ、よくわかるデスクトップ仮想化の導入とリアルな効果

コスト削減や管理の簡素化という面だけでなく、セキュリティ対策や事業継続性への対応を目的としたデスクトップ仮想化の導入が急増しています。どういったポイントで検討を進めればよいのか? ハードウェアの選定は? 実際の導入効果は? といった疑問への回答がここに。

要約

 昨今、デスクトップ仮想化を導入する企業や自治体が国内で急増しています。

 非常に大規模な導入から比較的小規模なものまでその目的と効果は様々ですが、デスクトップ仮想化の導入を検討する情報システム部門の共通の悩みは、「どこから検討を始めればいいのか?」、「デスクトップ仮想化ソフトウェアは何がいいのか?」、「ハードウェアの選定基準は?」、「実際に導入して本当に効果が出るのだろうか?」、といったポイントにあるのではないでしょうか。

 秋田県横手市は、ITに戦略的な投資を続けている自治体のひとつです。ここでは、VMware vSphereによる物理サーバの仮想化統合を進めるとともに、VMware Viewを活用したデスクトップ仮想化によるコスト削減や職員の業務効率向上を実現した同市の事例を通じて、上記のような悩みにお答えしていきます。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2012/03/23
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ1.47 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け