技術文書

株式会社シマンテック

ウイルス対策製品防御力比較レポート

主要な7種類のエンドポイントセキュリティ製品の“防御力”について、第三者機関AV-Test GmbH社が調査したレポート。

要約

 インターネットを介して配信され拡散する脅威の数は増加を続けており、新種のウイルスが出現する頻度は、数年前は数日に1回ほどであったたが、現在は1時間に数千種の脅威が出現するまでに増加している。

 ヒューリスティックな検出と汎用的な検出のメカニズムは、定義ファイルベースの検出の追加的な保護策となるものではあるが、それ単体では十分な効果とはいいきれない。そのため、これらの静的な検出メカニズムとともに、個別のシグネチャに依存しない動的な検出メカニズムもマルウェアの検出に利用されてきている。

 さらにより早い段階で攻撃を防ぐことを目指して、URL遮断やエクスプロイトの検出など、多層的な検出手法が導入されている。

 このレポートは、主要な7種類のセキュリティソフトウェアが搭載するすべての保護メカニズムを考察の対象にして、実環境の脅威で製品に攻撃をしかけ、製品が備える保護機能の実際の能力を測定比較するものである。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2012/02/24
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ364 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け