技術文書

トレンドマイクロ株式会社

気になる「サイバー攻撃」その実情と対策- 「想定被害シミュレーション」と「そうならないため」のヒント

相次ぐサイバー攻撃が話題になって数カ月。本当に正しく「サイバー攻撃」を理解できているだろうか? 本当に今までの対策は無効なのか? 実際の手口はどのようなものなのか? サイバー攻撃への様々な疑問を、実被害に基づいた「被害想定事例」を元に手口と対策について解説する。

要約

 「今までの対策が役にたたない」と言われているサイバー攻撃。皆さんは正しく理解しているだろうか? いや、そもそも、今話題になっている「サイバー攻撃」とは、一体何を示すのだろう?

 敵から身を守るためにはまず、「サイバー攻撃」そのものを理解し、敵の手口を知らなければならない。残念ながら、この攻撃に100%効く「銀の弾丸」は存在しない。しかし、手法を知ることで可能な限りの対策を取ることはできる。

 本ホワイトペーパでは、トレンドマイクロが把握した実際に発生した複数のサイバー攻撃被害例の要素から再構成した、「想定被害シミュレーション」をもとに、今ある技術で何ができるか、さらに何が必要なのか、について説明する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2011/12/15
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間15ページ(表紙、目次など含む)
ファイルサイズ739 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業