技術文書

日本アイ・ビー・エム株式会社

3つのステップで解説――BPMを次のレベルに移行させる方法とは

これまで限定された分野でBPMを活用してきた企業が、より大規模なビジネスプロセス改善に取り組もうとしている。その際の重要なポイントは何なのか。3つのステップで解説する。

要約

 企業がBPM(ビジネスプロセス・マネジメント)に注目し始めたのは数年前だった。BPMはビジネスプロセスを最適化し、柔軟性を高めることで、変化に強いビジネスと効率化に貢献した。このような企業にとってこれからの課題は、そのBPMを全社規模などより大きな分野に適用すること。初期に導入したBPMスイートから得られたノウハウやスキルをどう活用するかがポイントになる。

 BPMの拡大を目指す企業は、どのようなプロセスに重点を置くべきか、BPMスイートをどう導入すべきか、どのようなスピードやプロセスでBPMを拡大していくべきか、などを考える必要がある。このホワイトペーパーではBPMを拡大し、企業の情報基盤とする3つのステップを紹介する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社、ビジネス・パートナーはIBM製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りするために提供くださった情報を使用させていただく場合があります。ご希望の方法をお知らせください。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2011/08/31
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ519 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け