事例

株式会社セゾン情報システムズ

様々な荷主に対応した佐川グローバルロジスティクスのEDI基盤とは?

SGホールディングスの情報システム事業会社であるSGシステムは、佐川グローバルロジスティクスのEDI基盤にセゾン情報システムズのHDC-EDI Suiteを導入。荷主側のシステムの多様な通信手順に対応し、スムーズなデータ連携と集中管理を実現した。

要約

 佐川急便から誕生した純粋持株会社のSGホールディングス。その情報システム関連の事業会社であるSGシステムは、グループ内で国際物流サービスを展開する佐川グローバルロジスティクスのEDI基盤にHDC-EDI Suiteを導入。これにより、荷主側システムの多様な通信手順に対応し、スムーズなデータ連携と集中管理を実現。さらに、取引データの監視・管理作業が大幅に省力化され、障害対応も迅速になり、佐川グローバルロジスティクスにおけるEDI基盤の品質向上につながっている。

 本ホワイトペーパーでは導入責任者、運用担当者の生の声を伝える。

 運輸業界でのデータ連携に課題を抱えている情報システム担当者にお薦めしたいコンテンツだ。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2011/07/29
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ1.11 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け