製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

VMwareとIBMの包括的なソリューションで仮想化環境のメリットを最大限活用

ワークロード向けに最適化された仮想化

要約

 これまで企業は、データセンター内のハードウェアと設置場所にかかるコストを削減するため、サーバー仮想化を実装してきました。現在、これらの企業は、最も重要なエンタープライズ アプリケーションを仮想化する準備が整っています。これは、ハードウェア、ライセンス、および作業コストの削減を可能にする、完全に仮想化された効率的なコンピューティング環境を実現するための第一歩です。

 このような環境を構築するには、高性能のシステム、包括的な管理機能、リカバリ機能、および細部まで調整されたEnd-to-Endのソリューションが必要です。IT部門にとっては、 各ワークロード向けに最適化されたシステムを使用した、柔軟で拡張性の高いインフラストラクチャを構築することが課題となります。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社、ビジネス・パートナーはIBM製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りするために提供くださった情報を使用させていただく場合があります。ご希望の方法をお知らせください。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2011/07/11
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ2.51 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け