レポート

シマンテックドットクラウド

低予算メールセキュリティに隠されたリスク

企業の最優先の課題はコスト削減。メールセキュリティにも低コストや無料の対策を優先しがちだ。だが、少ない予算で大きい成果が本当に得られるのだろうか。低予算のメールセキュリティ対策を導入した場合に発生し得る「想定外のコスト」について検証する。

要約

企業のメールセキュリティに取り組むIT管理者にとって、「低予算」のソリューションという選択肢は表面上、多くの問題を解決するかのように見える。

 しかし、大きく宣伝されているコスト面でのメリットは、IT管理者が実際に得るものとして本当に大きいのだろうか。また、こうしたソリューションが企業にとって最適な選択肢かどうかを判断する際に考慮すべき、潜在的なリスクや派生的な問題とは何だろうか。

 本ホワイトペーパーでは、低予算のメールセキュリティソリューションにスポットライトを当て、これを採用して対処した場合になぜ「隠れたコスト」が発生するのか、代表的なサービスについてテストを実施した結果から検証する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2011/05/06
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ273 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模中堅・中小企業