標的型攻撃


ホワイトペーパー検索
  
     

56件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


Webキャスト

株式会社シマンテック

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか?

エンドポイントセキュリティを再考しようという機運が高まる中、具体的にどう見直せばよいのか悩む企業は少なくないだろう。どのような視点で取り組むべきなのか。対策の理想型とは。専門家が具体像を示す。(2017/02/24)

事例

株式会社シマンテック

遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態

既存のセキュリティ手法では完全に防ぐことができず、ユーザーが気付かぬまま潜伏・拡散して被害が広がる標的型攻撃。これに対し、複合的な手法で検知・判定を行う高度なツールを専門知識なしに運用している住友重機械工業の事例を紹介する。(2017/02/17)

製品資料

株式会社シマンテック

ステルス性の高い脅威も排除、エンドポイント可視化で標的型攻撃を瞬時に検出

標的型攻撃にはさまざまな手法があるが、その多くがエンドポイントを狙うものだ。今や重要なシステムやデータを守るためには不可欠となったエンドポイントセキュリティについて、ステルス性の高い脅威まで検出する方法を紹介する。(2017/02/02)

製品資料

株式会社シマンテック

サンドボックスを識別する攻撃をどう検知する? メール防衛の最前線を解説

電子メールを通じたサイバー攻撃は依然として増え続けている。サンドボックスを識別して疑わしい挙動を見せないものや、悪質なリンクを潜ませるものなど、攻撃の巧妙さも増す一方だ。あの手この手のサイバー攻撃から、どう身を守ればいいのだろうか。(2017/02/02)

製品資料

株式会社クエスト

「マルウェアを起動させない」 外部専門家による運用監視で未知の攻撃も不発に

システムに侵入されることを前提とした多層的な防御では、「マルウェアを起動させないこと」が鉄則となる。そのためには高度な運用管理が必要となるが、支援サービスを利用することで、ノウハウのない企業でも効率のよいマルウェア防御が可能となる。(2017/01/30)

製品資料

株式会社クエスト

サイバー攻撃の発見はますます困難に――専門家不在の企業はどうする?

サイバー攻撃はますます高度化、巧妙化しつつある。一方でセキュリティ対策の重要性は理解しつつも、必要な人員とコストを確保できない企業も少なくない。最新のサイバー攻撃に対応できるセキュリティ運用監視体制を効率的に実現する方法はないのだろうか。(2017/01/19)

レポート

株式会社ネットワールド

利便性を犠牲にしない“緩やかなネットワーク分離”をかなえる「ISFW」とは?

インターネット環境と業務システム環境を完全に分断するネットワーク分離は安全性が高いものの、従業員の業務遂行を妨げかねない。安全性と利便性を両立させる策はあるのか。(2017/01/18)

レポート

エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社

「ネットワーク分離」の安全性を奪う“やってはいけないこと”とは?

サイバー攻撃のリスクを低減するために「ネットワーク分離」を採用しても、思わぬ原因でその安全性が損なわれることがある。その原因とは何か。解決策はあるのか。(2017/01/16)

製品資料

株式会社コネクトワン

少ない設備投資で標的型攻撃を元から断つ、セキュアブラウザでネットワーク分離

標的型攻撃対策の主要な方式には既に弱点が指摘されているが、高すぎる設備投資コストがネックとなり、それ以上の対策を取れずにいる企業は多い。そこで、設備投資を最小限に抑えつつ、標的型攻撃を元から断つ方法を紹介する。(2016/12/21)

レポート

Intel Security

標的型攻撃対策──常に変化する攻撃から企業を守る「脅威情報の活用法」

「全ての情報源から脅威情報を収集して活用している」企業が12%に満たない現状、標的型攻撃の特定・追跡・防御は非常に難しい作業だ。脅威検出の精度を向上させるには、「脅威情報の収集、選択、管理の自動化」が効果的だ。(2016/12/07)

56件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後