株式会社野村総合研究所

http://www.nri.co.jp



ホワイトペーパー検索
  
     

29件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 >> 最後


技術文書

システム運用自動化をどう実現する? 効果と手法から理解する自動化のポイント

ITサービスの多様化、システムの肥大化に伴い、経験と勘に頼った属人的なシステム運用が限界に達している。そこで必要なアプローチは運用の自動化だ。まずは自動化の効果と手法を知り、最も効果が期待できるところから着手していきたい。(2017/10/02)

技術文書

DevOpsを邪魔する「3つの壁」、開発と運用を一体化させる秘訣とは?

アジャイルなどの開発手法が注目されているが、タイムリーにITサービスの価値を引き出すには運用との連携が不可欠だ。そこで開発と運用が一体となり取り組むDevOpsが注目されているが、その実現を阻む「3つの壁」が依然として残っている。(2017/10/02)

技術文書

基礎から分かる「ITサービスマネジメント」、目的から入る具体的取り組み方法

ITの重要度が増すにつれ、システムをテクノロジーの塊として捉えるのではなく、利用者の視点でサービスとして捉える必要がある。そのサービスの最適化活動が「ITサービスマネジメント」であるが、目的を見失わないことが成功の鍵である。(2017/08/01)

製品資料

そもそもITSMとはなにか? クラウド時代にあらためて注目される運用プロセスの改善

クラウドの普及は、企業にスピード化や柔軟性をもたらした。こうしたビジネス環境の変化にIT部門も対応して、開発だけでなくシステム運用も進化しなければいけない。(2016/06/27)

技術文書

システム障害を生む開発と運用の「意識の差」――DevOpsで3つの壁を打破

仮想化・クラウドの時代になり、業務の分離・外部委託が進んだことで、システムの柔軟性の低下が課題となっている。ユーザーが求めるITサービスを素早く提供したい開発側と、統制を重視する運用側のギャップを取り除くために「DevOps」が一段と注目されている。(2016/06/08)

レポート

ITシステムの運用管理を自動化する5つの目的

システムの仮想化やクラウド化が進むと柔軟性が高まり変化が激しくなる。また、システム基盤の共有化が進むと運用ミスや障害の影響範囲が広がる。運用現場はこれまで以上に忙しくなり、ミスも許されない。つまり、属人的な運用が限界に達する。その解決策が自動化である。(2016/06/08)

技術文書

DevOpsの実現を阻む「3つの壁」を打破し、開発部門も運用部門も同じゴールへ

「開発と運用の一体化」により多くのメリットを生み出すDevOpsが注目されているが、大規模な基幹系システムにおいて取り組まれるケースはまだ少ない。その背景には「情報共有」「優先度」「専門性」という3つの壁がある。(2016/01/18)

技術文書

所有から利用へ、クラウド時代におけるITサービスマネジメントの有効な定義と仕組み

企業のクラウド活用が進むにつれ、ITサービスマネジメントにも大きな変化が起きている。より迅速な対応が求められ、管理対象範囲も広がるなか、さまざまなリスクを万全に管理していくためには何が要点となるだろうか。(2016/01/18)

技術文書

システム運用自動化のメリットを整理、実現までの道筋で迷わないための指南書

高度で多様なメリットを提供するシステム運用において、「自動化」による業務の効率化、人的ミスの削減、運用プロセスの定着などが、ますます重要になっている。これを実現する上で留意すべきポイントについて解説しよう。(2016/01/18)

事例

関連会社40社向けのプログラムリリース業務、どうやって一元化・自動化した?

仮想化やクラウドの活用が進むとシステムの変更が激しくなり、プログラムリリース作業が増加する。リリース業務の一元化、自動化で、申請業務の効率化と内部統制対策を実現した企業の取り組みを紹介しよう。(2015/01/16)

29件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 >> 最後