ニュータニックス・ジャパン合同会社

http://www.nutanix.co.jp



ホワイトペーパー検索
  
     

13件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


技術文書

Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ

Nutanix製品が、Cisco UCS CシリーズのラックマウントサーバおよびBシリーズのブレードサーバに対応したことで、ハイパーコンバージドインフラ導入の新たな選択肢が生まれた。この製品がCisco UCS上で動作する仕組みを分かりやすく紹介する。(2017/05/24)

技術文書

Cisco UCSで構築するハイパーコンバージド、そのベストプラクティスとは?

Nutanixのハイパーコンバージド製品が、Cisco UCS CシリーズのラックマウントサーバおよびBシリーズのブレードサーバで稼働できるようになった。UCS Cシリーズ環境において独自の対応が求められる部分を中心に、その機能や構築方法を紹介する。(2017/05/24)

製品資料

データセンター仮想化を見直すことで得られる「8つのメリット」

データセンターに仮想化技術を導入することは今や一般的だが、まだレガシーな仮想化技術が残っている企業も少なくない。このような仮想化環境を見直すことで、データセンターはどのような恩恵を得られるのだろうか。(2017/05/22)

技術文書

レガシーからの脱却――ハイパーコンバージド完全ガイド

ITインフラよりもアプリケーションやサービスに時間や予算を割くことが求められる一方で、ITインフラへの要求は逆に強まっている。この状況にIT部門はどのように対応すべきか。再注目され始めたハイパーコンバージドインフラの新たな可能性を技術面から徹底解説する。(2016/12/14)

製品資料

エンタープライズクラウドが明日のIT担当者を救う「10の理由」

データセンターに俊敏性やシンプル性、成長に合わせた拡張性が求められるようになった今、多くのリーディング企業がレガシーからの脱却を考え、ITインフラ戦略の転換を図っている。これらの企業は、どのようにITインフラの姿を変えようとしているのだろうか。(2016/12/14)

技術文書

EUCとVDIの設計構築、選択肢を知り選定ポイントを知れば危うからず

EUCサービスやアプリケーションの提供、VDI環境のストレージ構築などに際して、インフラ設計を行うエンジニアが検討しなければならない事項は多い。確信を持って選定を行う上で知っておくべきポイントを基本から応用まで徹底解説する。(2016/04/13)

技術文書

重要性が高まるアプリ実装の阻害要因とは? IDC調査から見えた傾向と対策

限られたIT予算で、各部門がアプリケーションに求める可用性、拡張性、管理性、仮想化などのニーズを満足させることは極めて困難だ。多様なアプリケーションのニーズに対応するためには、インフラ重視の従来型アプローチからの脱却が求められる。(2016/04/13)

事例

20本のラックが1本に、保守費用は40分の1、大規模ハイパーコンバージド導入の威力

ITシステムの大きな潮流として注目されている「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」だが、大規模な導入にはまだ大きな不安を感じる企業も多い。しかし、ミッションクリティカルなシステムに適用して大きな成功を収めた事例は既にある。(2016/02/10)

事例

クラウドサービス事業「5つの課題」とハイパーコンバージドシステム

顧客のプライベートクラウド構築のニーズに応えるべく、新たにクラウドサービスを提供開始する事業者が増えている。しかし、顧客の増加に伴ってサービス低下が起きてしまっては本末転倒だ。具体的な課題と解決策について考える。(2015/10/05)

技術文書

SDSを検討する際、知っておきたい10の真実

仮想化によってコストパフォーマンスと運用に多大なメリットを得たデータセンターにも、課題は残っている。それは時代遅れで複雑かつ独自の仕様に頼らざるを得ないレガシー的な性質を持つストレージデバイスの存在だ。この課題を解決する技術として注目されるのが「SDS」だ。(2015/04/13)

13件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後