IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

SCSK株式会社

製品資料

SCSK株式会社

電帳法対応の第一歩、電子取引データ保存の正しい進め方とは?

税務署長の事前承認制度廃止、タイムスタンプ要件の緩和など、2022年の電帳法の改正では多くのトピックがある。特に電子取引データの保存については2年間の宥恕期間が設けられたが、その間に企業は何をすべきなのか、国税庁OBに聞いた。

コンテンツ情報
公開日 2022/08/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 394KB
要約
 電子帳簿保存法(電帳法)が改正され、2022年1月に施行された。ただ、今回の改正では、従来と方向性の変化が見られるという。これまでは税務調査の効率性を優先するといった国税当局側の業務に重きを置いた内容となっていたが、今回は業務の効率化など納税者寄りの内容になっているという。

 その代表的なトピックが「税務署長の事前承認制度廃止」「タイムスタンプ要件の緩和」「電子取引データの保存にかかる出力書面などでの保存措置の廃止」の3点だ。いずれも納税者の負担が軽減されることになるが、一方で電子取引データの保存業務の規定は全ての納税者が対象になるなどの影響もある。2年間の宥恕期間が設けられるものの、早急な対応を行いたい。

 そこでクローズアップされるのがクラウドERPだ。ソリューションによっては電帳法の要件を満たしたデータ保存、タイムスタンプ要件への対応などが可能になる。本資料では、元国税局の情報技術専門官である袖山喜久造氏にこうした法対応のポイントを聞いた。