IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本アイ・ビー・エム株式会社

レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

セキュリティリスクを数量化、「データ侵害のコスト」に関する調査レポート

サイバー攻撃の高度化に加え、リモートワークの急拡大を背景にセキュリティリスクが高まっている。実際にサイバー攻撃を受けてデータ侵害が発生したときにコストが増大する原因と、その軽減に役立つ対策を詳細に解説する。

コンテンツ情報
公開日 2022/07/01 フォーマット URL 種類

レポート

ページ数・視聴時間 73ページ ファイルサイズ -
要約
 サプライチェーン攻撃やランサムウェア攻撃など、高度化する脅威は、データ侵害にどれほどの影響を与えるのだろうか。ある調査では、2021年におけるデータ侵害の平均総コストは、前年と比べて10%近く増加しており、過去7年間で最大の上昇幅になったという。

 また、新型コロナウイルスのパンデミックをきっかけに広がったリモートワークに関連した調査では、リモートワークがデータ侵害の要因であった場合の平均総コストは、リモートワークが要因ではなかった場合に比べて約1億3000万円も高くなっている。このような結果からは、急激な業務環境の変化に対して、セキュリティ対策が十分でない事実が見えてくる。

 本資料は、17の国と地域、17の業界で実際に発生した537件のデータ侵害の調査および3500件近いインタビューを通じてまとめられた、2021年版の「データ侵害のコストに関する調査レポート」だ。データ侵害のライフサイクルやゼロトラスト、セキュリティAIなど、さまざまな視点から得られた知見を、セキュリティリスクの低減や、データ侵害発生時にかかるコストの軽減に役立ててほしい。