IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

HashiCorp Japan 株式会社

製品資料

HashiCorp Japan 株式会社

ITコスト最適化からスピード最適化へ、マルチクラウドで運用モデル転換が必要に

今やあらゆる組織が推進するデジタル変革において、不可欠な存在となっているのがクラウドだ。さらにマルチクラウド化が進む状況下で競争力を得るためには、クラウドやデータの価値を最速で引き出せる新たな運用モデルが必要になる。

コンテンツ情報
公開日 2021/12/24 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 25ページ ファイルサイズ 2.43MB
要約
 新しいビジネスや顧客価値をより速く、大規模に提供するデジタルトランスフォーメーションを実現する上で、クラウドは不可欠な要素だ。ただ、複数のクラウドプロバイダーを利用する、マルチクラウド化が進む中では、運用モデルの転換も求められる。

 そもそもクラウド移行の本質は、静的なインフラを動的なインフラに変更することだ。運用の焦点も、オンデマンドでのプロビジョニング、セキュリティ保護、接続、実行へとシフトする。とはいえ、ほとんどの企業では、既存の静的なシステムに接続する必要もある。こうした環境下で求められるのが、複数のクラウドプロバイダーで大規模に再利用できる一貫したワークフローであり、ハイブリッドクラウドに対応した運用モデルだ。

 このモデル転換を進めることで、セルフサービスITが実現し、より迅速にアプリケーションをデリバリーできるようになるという。本資料は、このクラウド運用モデルへの道筋を解説したガイドブックだ。コストの最適化からスピードの最適化へと運用を進化させることで得られる多様なメリットを、本資料で確かめてほしい。