IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

SCSK株式会社

製品資料

SCSK株式会社

長時間労働やサービス残業を回避、テレワーク時代に必要な“客観的”勤怠管理

テレワークで社員一人一人の勤務状況を正確に把握することが困難になった今、長時間労働やサービス残業を防ぐ新たな手段が求められている。そこで注目したいのが、IoTを活用したデータ収集により、客観的な勤怠管理を可能にする仕組みだ。

コンテンツ情報
公開日 2021/12/09 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 338KB
要約
 健全な働き方を維持するには、社員一人一人の勤務状況を正確に把握する必要がある。しかし、テレワークの普及でその把握が困難になる中、誰が・いつ・どこで働いているのか、状況把握のために管理する側・される側の負担が増えてしまっては元も子もないため、効率的かつ客観的に勤務状況を把握できる仕組みが求められている。

 そのキーワードとなるのが、IoTを活用した「先進的なデータ収集」だ。客観的な労働時間や勤務場所に関する情報を負担なく収集するには、BLE(Bluetooth Low Energy)タグとIoTネットワークを活用して位置情報を収集したり、始業終業時刻の妥当性を確認したりすることが有効となる。これらの機能を使えば、オフィススペースや会議室の混雑度も分かり、出勤時の"3密"回避にも役立つので、ウィズコロナ時代の勤怠管理手法として注目されている。

 本資料では、テレワーク下での勤怠管理に必要な要素を解説するとともに、それを実現するソリューションを紹介する。長時間労働やサービス残業をなくすことは、テレワークに限らず必須の取り組みとなる。これを機会に自社の状況を振り返り、改善の参考にしてほしい。