IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アドビ株式会社

事例

アドビ株式会社

見るだけから「活用するPDF」へ、事例に学ぶ業務効率化とコンプライアンス強化

さまざまな業務で電子化が進む中、PDFファイルの改ざんというリスクを低減できる仕組みづくりが求められている。ケイライン ロジスティックスの事例を基に、コンプライアンスを強化しながら、PDFを便利に利用できる管理・運用法を探る。

コンテンツ情報
公開日 2021/10/18 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.09MB
要約
 川崎汽船グループの中核会社として、国際航空貨物や国際海上貨物を扱うケイライン ロジスティックス。貿易関連業務の電子化が加速する中、同社では「PDF化できるものは全てPDFにして管理・運用する」体制を構築している。

 その取り組みを支えているのが、エンタープライズ版のPDFソリューションだ。従来同社では、PDFを編集したい場合は対応できるツールを持つ部署に持ち込み、その部署のユーザーが代わりに作業するという体制でPDFを運用していた。つまり多くの社員がPDFは「見るだけ」の状態だったわけだが、全社規模でエンタープライズ版のソリューションを導入したことで、複数PDFを統合したり別のファイル形式へ変換したりと「活用するPDF」へと進化。電子化と同時に全社規模での業務効率向上を実現している。

 しかし、PDFの編集が簡単に行えるようになれば、どうしても改ざんといったコンプライアンス違反のリスクが高まってしまう。同社はどのようにその課題をクリアしていったのか。本資料では、同社の取り組みから、コンプライアンスを強化しながら、業務効率を向上させるPDFソリューションの管理・運用法を探る。