IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Cloudera株式会社

製品資料

Cloudera株式会社

取り組むことが多すぎるDX、まず統合データプラットフォームから着手すべき理由

より早く、より簡単で、より安価なツールを導入したにもかかわらず、ビジネスの成果に表れないことは珍しくない。特にデジタルトランスフォーメーションの取り組みでは、その傾向が顕著だ。では、何が原因なのだろうか。

コンテンツ情報
公開日 2021/10/18 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 2.09MB
要約
 世界大手の航空機技術サービスプロバイダーのLufthansa Technikは、年間ペタバイト規模にもなるデータをリアルタイムに活用できるデータ環境を実現している。最新の航空機が生成する1便あたり1テラバイト以上のデータを分析し、予測的な整備を可能にした。さらにコンポーネントの廃棄処分を40%減らすなどコスト削減にも成功している。

 こうしたデジタルトランスフォーメーション(DX)に着手する企業は多いが、成功している企業はわずか30%と少ない。その理由に、取り組むべきことの多さがある。環境が複雑化する中でのデータの可視性の確保、変化し続ける法規制への準拠、クラウド上のベンダーロックインの回避、そもそもの選択肢の多さなど、企業を悩ませる要因は多い。

 そこで、まず取り組むべきなのは、特定のクラウドベンダーに依存せず、データを移行することなく管理できる統合データプラットフォームの構築だ。本資料では、クラウドやDXの可能性を形にするために、どのようにデータ環境を整備すべきか、そのポイントを紹介している。Lufthansa Technikのような高度なデータ活用環境も、決して困難なものではないと分かるだろう。