IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

サイボウズ株式会社

事例

サイボウズ株式会社

業務改善事例とともに知るDXの本質、“4つの落とし穴”を回避するには?

レガシーシステムの刷新やデジタル技術の活用でDXが完結すると誤解していないだろうか。DXの本質は、環境の変化に迅速に適応できるシステムや組織へと変革することにある。変化に弱いシステムの4つの特徴と、その回避策を探る。

コンテンツ情報
公開日 2021/10/14 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 5.28MB
要約
 DXとは、レガシーシステムの刷新やクラウド化など最先端のデジタル環境を整えること。そう認識している企業も多いが、これは大いなる誤解だ。その本質は、デジタル技術を駆使して変化に適応する能力を身につけることにある。自社システムが、担当者しか改善できない「属人化」や変更しづらい「鈍足化」、ベンダー依存による「固定化」、運用負荷が大きい「負債化」といった“4つの落とし穴状態”になってしまうと変化に対応できず、将来的に競合優位性の損失や、人材流出などのリスクを抱えることとなる。

 こうした状況に陥らない組織を築くための技術が、注目度を高めるローコード/ノーコード開発ツールだ。IT部門だけでなく事業部門でも業務に必要なアプリケーションを効率的に開発でき、優れたカスタマイズ性や拡張性により変化にも強いという特徴を持つ。

 本資料では、DX推進の本質や課題について解説するとともに、ローコード/ノーコード開発に対応したデータベース型業務システム構築サービスを紹介する。実際に同サービスを導入して業務改善を実現した、京王グループや三菱重工などの事例も取り上げているので、参考にしてほしい。