IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日立物流ソフトウェア株式会社

製品資料

日立物流ソフトウェア株式会社

海外物流センターの4つの課題と解決策:在庫精度向上から在庫可視化まで

海外の物流センターは、在庫精度の向上や誤出荷/処理漏れの防止、在庫可視化の実現など、多くの課題を抱えている。そこで本資料では、特によく見られる課題を4つピックアップし、それぞれの解決の方向性を示している。

コンテンツ情報
公開日 2021/10/05 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 32ページ ファイルサイズ 2.63MB
要約
 現代ビジネスにおいてグローバル化は珍しいものではなくなり、多くの企業が注力すべき取り組みとなった。一方でそうした海外展開には課題も多く、倉庫業務においては誤出荷/処理漏れの防止、業務属人化の解消、在庫可視化の実現など枚挙に暇がない。中でも特に多いのが、ERPを活用しているにもかかわらず、在庫精度が上がらないという問題だ。

 経営に必要な全ての情報を集約することで初めて効果を発揮するERPだが、転記漏れや目検ミス、入力忘れといった人的ミスが起こりやすい環境では、正確な在庫情報の収集は難しい。倉庫担当者の業務負荷を抑え、無理なく正確な情報を集めるためには、物流業務をサポート可能なWMS(倉庫管理システム)を導入し、タイムリーなシステム入力を現場業務に組み込む必要がある。

 本資料ではこの他にも、海外における倉庫業務の悩みの中から特によく見られる課題を3つピックアップし、それぞれの解決の方向性を示している。海外進出を目指し、同様の課題を抱えている企業はぜひ参考としてほしい。