IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

NTTテクノクロス株式会社

事例

NTTテクノクロス株式会社

DX推進で情シスが把握しづらいIDが増加、大和ライフネクストはどう解決した?

DXに積極的に取り組む大和ライフネクストでは、クラウドサービス利用が拡大する一方で情報システム部門が把握しづらいIDが増加。管理ルールの属人化などインシデント発生を予防し、5000名分のIDを可視化した方法とは?

コンテンツ情報
公開日 2021/03/24 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 676KB
要約
 DXに取り組むうえで、必須といっても過言ではないクラウドサービスの活用。同時にセキュリティへの配慮も欠かせない。マンション管理業務をはじめ幅広い事業を展開する大和ライフネクストでも積極的にDXに取り組んでいる一方で、情報システム部門が把握できないIDの増加や管理ルールの属人化は懸念の1つだったという。

 特に不要なIDの放置は、思わぬインシデントのきっかけとなりかねない。そこで同社が導入したのがオンプレミス/クラウドに関係なくユーザーIDの登録状況をチェック、可視化できる棚卸ツールだ。

 ツール選定の決め手となったポイントは、IDの所有者をさまざまな情報から探す機能とID棚卸の結果を以降の棚卸時にも活用できる仕組みだったという。棚卸したIDは5000名分にも及んだが、スムーズに可視化を実現。
 
  各業務部門の運用状況を可視化できた結果、従来の手作業と比べて客観的で精度の高いチェックが行えるようになり、業務部門へのフィードバックも大幅に期間短縮できるようになったという。本資料では、同社の取り組みを通じて、クラウドの活用に欠かせないセキュリティレベル向上施策のポイントを明らかにしていく。