IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ServiceNow Japan 株式会社

事例

ServiceNow Japan 株式会社

3週間でコミュニティーサイトを構築、事例に学ぶITサービスマネジメント活用法

データを活用したアイデアコンテストを開催するに当たり、参加者の情報共有基盤となるコミュニティーサイトを立ち上げる必要に迫られたウイングアーク1st。わずか5日間の実作業でサイトを構築できた理由とは何だったのか?

コンテンツ情報

公開日 2019/12/25 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.93MB

要約

 ウイングアーク1stは、「The Data Empowerment Company」という企業理念の基、産業構造や企業組織、働き方の変化に対応したソリューションの提供を目指している。同社はこの理念を体現すべく、データを活用したアイデアコンテストを開催。それに伴い、参加者からの技術面の問い合わせに対応し、情報共有基盤ともなるコミュニティーサイトを、迅速に立ち上げる必要に迫られた。

 そこで目を付けたのが、ITサービスマネジメントを基盤とする方法だ。「コンテストの参加者もサービスの受益者」という考えに立った同社は、既に導入されていたITサービスマネジメントツールで構築された既存コミュニティーサイトの、ユーザー登録や掲示板、コンテンツ配信などの機能をパーツとして再利用。これにより、グループウェアを利用した構築方法と比べて、運用コストも抑制可能となった。

 その結果、コミュニティーサイトはわずか3人のメンバーにより構築され、3週間でリリース。しかもサイト構築の実作業は、ほぼ5営業日で完了していたという。こうした成果を同社にもたらしたITサービスマネジメントツールとは何だったのか、本資料で詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。