IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

株式会社ジャストシステム

製品資料

株式会社ジャストシステム

情シスも営業も経営層も満足、営業レポートを改善する「BIツール」活用術

売上実績などのデータ収集、レポート作成、それに基づく経営判断といった一連の流れにおいて、情報システム部門/営業部門/経営層それぞれがデータ活用の悩みを抱えている。それらを一掃するBIツールの導入メリットとは?

コンテンツ情報

公開日 2019/12/05 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 1.44MB

要約

 情報システム部門にとっては、SFAには保持していないデータを急ぎで提出させられたり、SFAの速報値とは異なるデータを頻繁に抽出させられたりといったことは日常茶飯事だ。しかし、Excelで行うこうした処理に時間がかかっても、「これが仕事だから」と諦めているケースも少なくない。

 一方で、営業部門は、本格的な分析レポートをSFAで作成できず、基幹システムに蓄積したデータを使ってのレポーティングにコストがかかることなどを課題としている。また経営層においても、SFAの速報データだけでは経営判断がしづらい、基幹データをまとめただけのレポートでは物足りないといった不満を抱えている。

 こうした各部門の課題を一掃するのが「BIツール」だ。その導入により、情報システム部門は「コスト削減と属人化の解消」、営業部門は「リッチなレポートの作成」、経営層は「多角的な分析の実現」といったメリットを得られる。本資料では、営業レポート改善につながる「BIツール活用の4つのポイント」について、さらに詳しく紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。