IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

日本オラクル株式会社

事例

日本オラクル株式会社

下関の冠婚葬祭業社「日本セレモニー」が、勝つためのデータドリブン経営に挑戦

現代のビジネスを勝ち抜くためには、データドリブン経営の実践が欠かせない。しかし、M&Aや業務拡大によりシステムの複雑化やデータの分散が生じれば、その実現は困難となる。日本セレモニーがこの課題を克服するために選んだ方法とは?

コンテンツ情報

公開日 2019/12/03 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 3ページ ファイルサイズ 1.23MB

要約

 葬儀の小型化と簡素化が進み、少子化による結婚式の減少が続く昨今、冠婚葬祭ビジネスにおける競争は一段と激しさを増している。このような状況の中でも、データドリブン経営によって成長を続けているのが、東北から九州まで400以上の施設を展開する日本セレモニーだ。

 同社の強みは、積極的なM&Aによって得られたスケールメリットを生かしたビジネス展開にあるが、その裏側を支えているのが、クラウドをベースにしたデータ活用基盤だ。その導入により、同社はM&Aで統合した企業の顧客データを取り込み、事業部間やシステム間の壁を越えたデータ統合を実現しているという。

 それでは、同社がM&Aに伴うシステムの複雑化やデータの分散を解消するために選んだデータ活用基盤とはどのようなものだろうか。本資料では、この基盤上でのAI利用も検討しているという同社の取り組みを基に、企業規模の拡大でも揺らがないデータドリブン経営を実現するための方法を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。