IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

TIS株式会社

製品資料

TIS株式会社

会計業務の効率化とコスト削減を両立、会計システムを問わない自動仕訳の実現法

近年、経理部門や情報システム部門には、会計業務の効率化やコスト削減、経営管理の高度化、コンプライアンスの強化などへの対応が強く求められている。これらの要求に高い水準で応えるためには、会計システムをどう変えるべきだろうか。

コンテンツ情報

公開日 2019/10/02 フォーマット URL 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ -

要約

 近年、企業経営を支える経理部門や情報システム部門には、会計業務の効率化やコスト削減、経営管理の高度化、コンプライアンスの強化などへの対応が強く求められている。その一方で、従来の会計システムは複雑化が進んでおり、個別業務へのIT対応はできても、グループ会社の状況が把握できないといったケースも多い。

 また、稼働システムが多く、会計情報のインタフェースが複雑であるような場合には、その維持・管理が会計システムや関連スタッフの大きな負荷となる。このような状況下で、IFRS、内部統制、企業再編などへの対応を推し進めたり、企業全体の経営状態を把握したりすることは容易ではない。

 そこで注目したいのが、統合データハブとしてあらゆるトランザクションデータを収集して、仕訳生成をルールベースで一元管理できる自動仕訳エンジンだ。本資料では、このエンジンが、どのように会計基準の変化や会計の高度化に対応し、ITコスト削減のニーズに応えていくのかを利用イメージとともに紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。