IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ServiceNow Japan 株式会社

事例

ServiceNow Japan 株式会社

増え続けるサービスマネジメントツール、可視化・効率化のためにすべきこと

サービス提供に最適なツールやベンダーの採用が、サイロ化を招くことは珍しくない。こうなっては維持管理の負担が増すのはもちろん、新たなサービスや商品の開発期間も長期化しかねない。サービスマネジメントツールの一元化が必要だ。

コンテンツ情報

公開日 2019/09/25 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.16MB

要約

 多様なサービスを展開するほどにITツールが寄せ集まり、かえってビジネスの迅速性を阻害してしまうことは珍しくない。保険サービスを扱っているSwiss Re Groupも同様の事情を抱えていた。多種多様なITツールが社内で利用され、ツールごとに管理インタフェースとデータストアが存在するなど、全体の見通しがきかない状況だったという。

 そこで、同社はIT運用の効率化のため、20個あったサービスマネジメントツールを1つのツールに置き換えるという大胆な転換を図った。この狙いは当たり、一元化されたポータルにより、従業員はシンプルな操作で業務を遂行できるようになっただけでなく、ナレッジ共有が促進される環境も整備された。

 本資料では、同社の取り組みとともに、その核となったサービスマネジメントツールを紹介する。多様なITコアプロセスの一元的な管理運用を可能にする効果は大きく、重複するアプリケーションの削減や維持管理の負荷軽減に加え、透明性の向上など予期せぬメリットも享受できたという。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。