IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ヴイエムウェア株式会社

事例

ヴイエムウェア株式会社

運用負荷とノイジーネイバーの解消に、JR西日本が選んだシンプルなHCI構成とは

仮想化環境では、共有ストレージ構成に端を発するノイジーネイバー問題が無視できない。さらに物理環境の複雑化も重なれば、その運用負担は計り知れない。これらの課題に悩まされてきたJR西日本の事例からIT基盤更改の秘訣を探る。

コンテンツ情報

公開日 2019/09/12 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.25MB

要約

運用負荷とノイジーネイバーの解消に、JR西日本が選んだシンプルなHCI構成とは
 安全を第一とする鉄道事業の運営において、JR西日本がこれまで運用してきた情報基盤はFC-SANを用いた3ティア構成で、物理構造が煩雑だった。このため配線の変更作業ではトリプルチェックが必要になる他、負荷の高いワークロードによって仮想化環境の他のシステム性能が圧迫されるノイジーネイバー問題もたびたび発生していた。

 これらの課題を一掃すべく、同社はシンプルなシステム設計によるIT基盤更改を模索する。情報系システムは、鉄道の運行管理システムとは切り離されているものの、各種関連業務を裏で支える重要な仕組みだ。そこで安定性の確保とパフォーマンス向上を求める同社が注目したのが、VMware vSANとハイパーコンバージドインフラ(HCI)の組み合わせだった。

 この新環境では、1台当たりの仮想マシン作成が従来の4~5時間から約20分へと短縮されるため、年間にして250時間もの作業工数の削減が見込めるという。さらにI/O性能も従来の8倍となり、ノイジーネイバー問題も発生しなくなるなど、要件通りの環境を実現した。これらの効果に加え、同社がミッションクリティカルなIT基盤をスムーズに更改できた理由を本資料で詳しく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。