IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

横河レンタ・リース株式会社

レポート

横河レンタ・リース株式会社

最新HCIでアプリケーションレベルの高可用性を確保する最適な組み合わせとは

インフラ運用を改善するものとして利用が拡大するハイパーコンバージドインフラ。だが、最先端製品でも解決できない課題が1つある。そのアプリケーションレベルの可用性という課題を解決するため、あるHAクラスタ製品を検証した。

コンテンツ情報

公開日 2019/09/11 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.22MB

要約

最新HCIでアプリケーションレベルの高可用性を確保する最適な組み合わせとは
 よりシンプルかつ運用しやすいインフラを求める企業がハイパーコンバージドインフラ(HCI)を採用するのは当然の帰結といえる。最先端の製品では、データの重複排除や圧縮を専用アクセラレータによって高速化しており、仮想化製品との親和性にも配慮されている。だが、アプリケーションを含む可用性の確保となるとHCI製品だけでは限界がある。

 HAクラスタを組む仮想化製品もあるが、仮想マシンやゲストOSを対象とした保護機能にとどまり、アプリケーション保護まではカバーできない。OSは正常稼働しているが、PostgreSQLが停止してしまった、といった状況には対応できないのだ。そこで、HCIとの組み合わせとして注目されるのが、アプリケーションやミドルウェアの障害にまで対応できるHAクラスタソフトだ。

 本資料では、その理想的な組み合わせについて、コミュニケーションパス切断やIPリソース障害、アプリケーション障害など5つのシナリオで実機検証を行った。HCIにおいて、アプリケーションまでカバーした高可用性を可能にする方法をぜひ確認してもらいたい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。