IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

製品資料

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

マルチクラウドでもサポートの一元化・運用のシンプル化を可能にする考え方とは

オンプレミス、クラウドを問わず適材適所のIT基盤を利用できるマルチクラウド環境。これからの情報システム部門は、そのメリットを享受するため、複雑化した基盤運用に取り組まねばならない。マルチクラウド時代の運用体制を考えてみよう。

コンテンツ情報

公開日 2019/08/08 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 981KB

要約

マルチクラウドでもサポートの一元化・運用のシンプル化を可能にする考え方とは
 今、企業の情報システム部門は、そのIT基盤の運用において未知の領域に踏み出そうとしている。その背景にあるのがマルチクラウドだ。多様なクラウドサービスを用途に応じて使い分けるマルチクラウド環境では、オンプレミス、クラウドを問わず適材適所にIT基盤を選べるようになる。

 ただ、マルチクラウドはIT基盤の種類を増やし、運用体制の多元化を招くことにもなる。運用負荷はもちろん、サポートの複雑化によって障害時の原因の切り分けが困難になり、復旧までの時間が長くなりかねない点も悩みどころだ。こうした事態を避けるには、マルチクラウド環境の構築から、システム全体の監視、バックアップ、セキュリティ対策などの包括的な対応が可能なマネージドサービスを活用するのが望ましい。

 課題が解消され、サポートの窓口の一元化、運用のシンプル化などのメリットを享受できる。本資料では、こうしたマルチクラウド運用のポイントを解説するとともに、4つのクラウド基盤サービスを紹介している。基幹システムの本番環境、仮想化基盤、AWSの活用など、自社環境に合わせて選択できるラインアップが用意されている。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。