IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ホワイトペーパー

カーバチュア ジャパン合同会社

製品資料

カーバチュア ジャパン合同会社

エキサイトに学ぶ「ハードウェアのEOL対策」 保守コスト大幅削減の秘訣とは?

オンプレミスのITインフラでは避けて通れない、ハードウェアのサポート終了(EOL)。効果的なEOL対策によって、機器の延命利用や保守コストの大幅削減などの成果を挙げたエキサイトの事例から、理想的なライフサイクルの実現法を探る。

コンテンツ情報

公開日 2019/07/10 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 807KB

要約

 オンプレミスのITインフラを運用する上で、ハードウェアのサポート終了(EOL)は避けて通れない問題だ。特にITインフラの設計や設定が複雑化している場合は、リプレースに要する多額のコストだけではなく、ハードウェア構成の変更に伴うリスクも大きな悩みとなる。

 そこで、リスクを最小限に抑えつつ、事業計画に沿った形でハードウェア更改を進めるため、EOLを迎えた機器の延命利用を検討する企業は多い。しかし、メーカーが提供する延長サポートでは、保守コストがかさむだけでなく、希望するような迅速で手厚い対応を受けられないことも多い。

 この課題の解決策として参考としたいのが、インターネット総合企業であるエキサイトの事例だ。同社は、コアスイッチや無線LANアクセスポイント、サーバなどの機器で第三者保守やプライベートブランド製品を活用して、大きな成果を挙げているという。本資料では、同社がこれらのサービスや製品をどのように活用して、どれだけのコストを削減したのかを詳しく紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。