IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ホワイトペーパー

シスコシステムズ合同会社

事例

シスコシステムズ合同会社

定番HCIにない機能に注目、日本ペイントホールディングスに学ぶインフラ最適化

ITシステムのさらなる最適化を目指してハイパーコンバージドインフラを導入した日本ペイントホールディングス。同社が、その選定において、他社にはないネットワーク機器メーカーならではの魅力を感じた製品とはどのようなものだろうか。

コンテンツ情報

公開日 2019/06/14 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 519KB

要約

 総合塗料メーカーの日本ペイントホールディングスは、事業のグローバル化を目指して、以前からITシステムの全体最適化への取り組みを続けてきた。その取り組みは、メインフレームのオープン化と仮想化プラットフォームの採用に始まり、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入へと進んでいる。

 こうして構築された同社のITインフラは、大きく分けて「VDI用途」と「ユーザー部門と全社のサーバ」の2つがある。本番環境で約120、開発環境を含めると150以上という規模になるが、HCIにはそのネットワーク、サーバ、ストレージを共通リソースプールとして運用できるというメリットがある。

 しかし、このHCI製品の選定で同社が重視したのは、このような運用性だけではなかった。「ネットワークの環境を生かしきるパフォーマンス」や「必要に応じて外部ストレージを活用できること」を求めた同社が選んだ、ネットワーク機器メーカーならではの魅力を備えたHCIとはどのようなものだろうか。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。