IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ゾーホージャパン株式会社

製品資料

ゾーホージャパン株式会社

脆弱性パッチ管理の課題を一掃、情報収集も適用も“自動化”するツールの実力

サイバー攻撃対策には最新パッチの適用が基本となるが、運用をユーザーやWindows Update任せにし、リスクを招いている企業は少なくない。そこで役立つのが、最新の脆弱性に対するパッチ情報の収集や適用の定期的作業を自動化するツールだ。

コンテンツ情報

公開日 2019/05/31 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 16ページ ファイルサイズ 2.13MB

要約

 ランサムウェアやゼロデイ攻撃など、多様化と増加を続けるサイバー攻撃への対策は、最新のパッチを適用することが基本となる。しかし、IT部門がパッチの適用をユーザーやWindows Update任せにしていると、パッチ情報の確認漏れが起こったり、サードパーティー製ソフトウェアそれぞれのパッチ適用状況が把握できなかったりという問題が発生してしまう。また、近年企業での利用が増えているMacやLinuxへの脆弱性対策も忘れてはならない。

 これを解決するのが、最新の脆弱性に対するパッチ情報の収集や、パッチ適用の定期的作業を自動化する管理ソフトウェアだ。250種類以上のサードパーティー製品に対応し、WindowsだけでなくMacやLinuxなど複数のOSに関するパッチも管理可能。最新のパッチ情報がデータベース化されているため、情報収集の工数も削減できる。

 その他にも、社内PCの適用状況の把握に役立つレポート機能など多彩な機能を備えている点や、オンプレミス版とクラウド版が用意されている点、コストパフォーマンスや柔軟性が高い点も魅力だ。本コンテンツでは、このツールの5つの特長について詳しく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。