ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社野村総合研究所

製品資料

株式会社野村総合研究所

OSS監視ツールからの膨大なメッセージ対応、効率化の秘策とは?

システム運用の効率化とコスト削減のために、オープンソースの監視ツールを導入するケースがある。しかしツールが乱立し、受け取る大量のメッセージへの対応で運用負荷が増大するケースも存在する。どう解消すればよいのか。

コンテンツ情報

公開日 2019/04/17 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 207KB

要約

 「攻めのIT」という言葉が盛んに聞かれるが、システム運用の現場は日々の業務に追われている。まず必要なのは、システム運用を合理化することで、そこにかかるリソースを削減し、ビジネスに貢献する戦略的なIT施策へのリソースシフトが求められている。

 実際に、さまざまな運用管理ツールの導入が進んでおり、コスト削減の観点からオープンソースの監視ツールを活用するケースもある。ところが、逆にオープンソースの監視ツールが複数存在することによって、システムから吐き出されるメッセージの対応に追われ、運用負荷が増大してしまうケースも少なくないという。

 本ホワイトペーパーでは、そうした監視ツールからのメッセージ対応を効率化し、運用担当の業務負荷を軽減するための方法を紹介している。日々の業務に追われるシステム運用からビジネスに貢献するシステム運用へ変革していくためのヒントとなるはずだ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。