ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

ドキュサイン・ジャパン株式会社

事例

ドキュサイン・ジャパン株式会社

総勢7人 急成長する不動産会社が実現した「増益とシェア拡大の両立」の手法

ある不動産会社のスタッフは総勢7人。事業は幸い急成長を遂げていたが、業務の徹底した効率化と利益の最大化の両立を課題として抱えていた。デジタル化が遅れているといわれる不動産業界で、効果を得やすい改善点はどこだったのか。

コンテンツ情報

公開日 2019/02/07 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 2.24MB

要約

 地域に根ざした不動産事業を展開する、湘南らいふ管理。同社では、正社員とパートを合わせてわずか7人のスタッフで、4000戸もの物件を管理していた。創業からわずか2年という短期間で急成長を果たした同社だが、業務効率のさらなる向上を目指すなかで、急成長企業によくある課題に直面していた。

 その課題とは「シェア拡大と利益率向上の両立」だ。売り上げやシェアを伸ばすためには、スタッフを増やして管理戸数を増やせば簡単だが、それでは利益率は上がらない。特に国内不動産業界は利益率軽視の傾向にあり、強い変革が必要だと同社は考えていた。

 本コンテンツでは、比較的ルーティンな業務である賃貸物件の更新手続きに着目し、この課題を解決した、湘南らいふ管理の事例を紹介する。不動産業では、企業側は良くても入居者や高齢の顧客の反応はどうか、など気にすべき部分も多いが、「まずは、やってみなければ分からない」という姿勢で始めた同社の取り組みを知ってみてほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。