ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

ドキュサイン・ジャパン株式会社

事例

ドキュサイン・ジャパン株式会社

“印鑑文化”を守りつつペーパーレス化――老舗百貨店が選んだ方法は?

業務効率化のためのペーパーレス化が進んでいるが、紙と印鑑を使用する商習慣が根強く残る企業も多い。そこで旧来の印鑑文化を守りつつ、電子署名を活用して効果を発揮している老舗百貨店グループの事例を紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2019/02/05 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 549KB

要約

 三越伊勢丹グループの建物を管理する三越伊勢丹プロパティ・デザイン。同社は各拠点で行われるネットワーク工事などを担当しており、その数は1店舗あたり年間50~100件に及ぶ。その工事の度に拠点から依頼書を受け取るが、同グループには紙による依頼・承認・押印の文化が根付いているため、膨大な紙の処理に毎回非効率さを感じていた。

 そこで同社は、電子署名に対応したデジタル取引管理システムを導入し、稟議(りんぎ)プロセスのペーパーレス化に踏み切った。それにより稟議プロセスはシンプル化され、紙の郵送が不要になっただけでなく、進捗管理もしやすくなった。またクラウドサービスを選択したことで、初期投資を抑えることにも成功した。

 他にも、直感的に扱えるユーザーインタフェースや柔軟性の高いワークフロー機能も導入の決め手となったという。本コンテンツでは、紙と印鑑の企業文化を残しながら、ペーパーレス化を実現した同社の事例を詳しく紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。