ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社 TFF

事例

株式会社 TFF

光ファイバー認証試験を徹底解説――損失許容値の算出と試験・トラブル防止まで

光ファイバーネットワークが高速化・高密度化する中、認証試験の難易度が高まっている。特に重視すべきポイントが損失許容値の厳密な把握だ。本資料では認証試験の基礎知識から試験ツールの活用法までを詳しく解説する。

コンテンツ情報

公開日 2017/06/30 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 54ページ ファイルサイズ 4.09MB

要約

 データセンターの中核というべき光ファイバーネットワークに対する要求レベルは年々高まってきた。伝送レートが10Gbpsから40Gbps、100Gbpsへと高速化するとともに、高密度化を求めてMPO/MTP配線システムが普及。こうした変化の中で、ダウンタイムの発生やパフォーマンスの低下を防ぐべく光ファイバー認証試験もまた厳しくなっている。

 中でも重視すべきポイントが、光ファイバー配線に要求される損失許容値の把握だ。そのためには、再現性を確保した高確度測定はもちろん、光源の励振条件や基準値を厳密に設定する必要がある。さらに、試験のトラブル防止にはツールの適切な使い分けも欠かせない。

 本コンテンツは、こうした最新の規格・市場動向から光ファイバー認証試験まで、その基礎知識および試験ツールの活用法を網羅した実践的な参考書だ。損失測定のTier 1(基本)試験の他、補完的なTier 2(拡張)試験として推奨されるOTDR(光パルス試験器)の双方向試験といった重要技術も紹介されているので、光ファイバー配線のさらなるレベルアップに活用してほしい。

アンケート