IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

エムオーテックス株式会社

製品資料

エムオーテックス株式会社

特権ID監査で得られる真の統制効果とは? 〜LanScope Cat6が実現するIT全般統制〜

最新の情報漏えい対策、そして内部統制の本質を見据えたIT統制を実現するソリューションである“特権ID監査”にいち早く対応した内部統制機能について紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2009/08/10 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 25ページ ファイルサイズ 2.31MB
要約
 後を絶たない情報漏えい事件に対し、今まで企業はUSBメモリの利用や重要データの印刷制限など情報の“持出し管理”の対策を打ってきた。しかし、さまざまなデータがシステムに格納される今、システムの特権IDを持つユーザーによる“権限の悪用”が情報漏えいの要因となるケースが増えている。最新の情報漏えい対策、そして内部統制の本質を見据えたIT統制のキーは“特権ID監査”であることが見えてきた。

 「LanScope Cat6」は、5年連続市場トップシェア、全国に5200社420万クライアント以上の導入実績を持つネットワークセキュリティ統合管理ツール。ネットワークマネジメントに必要な機能をすべて備え、業界初の内部統制対応機能“アプリケーションID監査”を実装している。既存システムの改修なくあらゆるアプリケーションのID・操作内容を一元管理でき、“特権ユーザーの管理”を実現するのが特徴だ。本ホワイトペーパーでは、最新の情報漏えい対策、IT統制構築機能を詳しく紹介する。