ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

arcserve Japan合同会社

事例

arcserve Japan合同会社

バックアップ応用術、霧島酒造が仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した方法

芋焼酎「霧島」で知られる霧島酒造は、クラウドや本社サーバ室で稼働する約45台のサーバのBCP運用コストに頭を悩ませていた。そこで、サーバ調達の手間やメモリのサイジングが不要なバックアップ製品を導入した同社は、ある興味深い方法で仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した。

コンテンツ情報

公開日 2017/02/03 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.42MB

要約

 あらゆるデータが肥大化を続ける中で、BCP体制の構築やバックアップ/リストア時間の改善、DRサイトでの復旧時間の短縮への要求が日増しに増大している。しかし、そのためのコストや人員の負担は大きく、企業にとって頭の痛い問題となっている。

 芋焼酎「霧島」で知られる霧島酒造もこのような課題に直面した企業の1つだ。同社は、それまで約45台のサーバシステムをクラウドサービスや本社サーバ室で稼働していたが、コスト負担が重くなったことから、3人の運用管理者だけでも事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策を効率的に実現する方法を模索していた。

 そこで注目したのが、サーバ調達の手間やメモリ・SSDなどのサイジングが不要なバックアップ専用アプライアンスだ。同社はこの製品の「ベアメタル復旧」機能を活用して、約45台のサーバをデータセンターの仮想化基盤に「リカバリー」してサーバ移行の手間と時間を大幅に軽減したという。この成功の鍵となった製品選びや機能の応用法について、さらに詳しく見ていこう。

アンケート