事例

マカフィー株式会社

大手金融サービス会社のセキュリティリスク管理導入事例

セキュリティイベントの検出と対応のために、よりプロアクティブで自動化された手法により、スタッフやシステムリソースをうまく配置し、より効果的にミッションクリティカルな問題に対処する方法とは?

要約

投資信託株主および企業年金・基金顧客に投資および財務管理サービスを提供するMFS Investment Managementは、セキュリティイベントの検出と対応のために、McAfee Foundstoneを採用。よりプロアクティブで自動化された手法により、スタッフやシステムリソースをうまく配置し、より効果的にミッションクリティカルな問題に対処することが可能になった。本導入事例では、
・MFSがFoundstoneを採用した理由、課題克服のために行った方法、そしてメリットとは?
・MFSの情報システム部メンバーが、「その他のツールも調査しましたが…」と言ってしまう、他のツールの弱点とは?
・MFSが運用して実際に感じた、予想外のメリットとは?
を詳しくご説明します。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2006/02/10
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ52 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け