製品資料

ヤマハ株式会社

Web会議システム活用のための合言葉は「画質より音質」

せっかく導入したWeb会議システムがなかなか現場に普及しないのは、一体なぜか? その理由は、意外なことに「音質」にあることが多い。長年、音にこだわり続けるヤマハが、この問題への解決策を提供する。

要約

 Web会議システムの性能や機能を評価する際には、どうしても画質に目が行きがちだ。その一方で、見落とされがちなのが音声の品質だ。考えてみてほしい。画像は多少乱れても会議は続行できるが、音声が度々途切れてしまったり、ノイズが混入したり、頻繁にエコーが発生するようでは、会議の続行自体が困難になってしまう。

 Web会議システムのこうした課題を解決するために、ヤマハは会議用マイクスピーカー製品「PJP-50USB」および「PJP-20UR」を提供している。どちらの製品も、独自のエコーキャンセラー機能やノイズリダクション機能を搭載し、ビデオ会議専用システムに匹敵するレベルの音質をWeb会議で実現する。

 また、音響メーカーとして長い歴史を持つヤマハの製品ならではの高い品質と万全のサポート体制も大きな魅力だ。カメラ装置やネットワークとは違い、音響機器のトラブルはユーザーが独自に解決することが難しいため、こうした点はユーザーにとって大変ありがたい。

 本ホワイトペーパーでは、この2製品の機能からその活用法までを詳しく紹介する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2011/02/25
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間27ページ
ファイルサイズ7.85 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け