レポート

トレンドマイクロ株式会社

Windows 7で検証、TCO削減効果が最も高いウイルス対策ソフトはどれ?

本資料は株式会社アイ・ティ・アールによるウイルス対策ソフトのコスト比較レポートである。 導入後3年間のシミュレーションで6社の製品におけるTCO削減効果を明らかにしている。

要約

 株式会社アイ・ティ・アールが国内企業の情報システム部門長などを対象に実施した最新のIT投資動向調査(2009年9〜10月実施)によると、2010年は前年と比較してIT投資に対する意欲が盛り返し傾向にあることが分かった。
 一時は見送っていた新OS「Windows 7」への移行を検討する企業が増え、「データセキュリティ」「アクセス管理」といったセキュリティ関連製品への投資意欲が高い傾向にある。

 一方、IT投資意欲が盛り返しの兆しを見せつつあるとはいえ、ITコスト削減に対するニーズは決して衰えてはいない。
 これまで、国内企業の情報セキュリティ対策に関しては、リスクを恐れるあまりコスト対効果を半ば度外視してでも防御を固めるといった風潮が見受けられた。
 しかし近年では、そうした傾向は過去のものとなりつつある。

 本レポートでは、継続的な運用、メンテナンス費用を含めた3年間のトータルコストを算出。Windows 7を新規導入すると仮定した仮想企業の環境で大手6社の製品を比較することで、企業に最も大きなコストメリットを提供する製品を明らかとしている。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2010/11/15
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間19ページ
ファイルサイズ566 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け