事例

株式会社サイバーテック

サポート情報データベース(サポートカルテシステム)

保守サポート部門の情報管理を支えるXMLデータベース「NeoCoreXMS」導入の決め手は、顧客毎にユニークな情報を手軽に一元管理できること。

要約

キヤノンマーケティングジャパンのソリューションサービス部門の業務を支える「サポートカルテシステム」。XMLデータベース「NeoCoreXMS」は、そのシステムの中で、お客様の機器情報・サポート情報・保守情報・修理依頼先などを一元管理し、業務効率化と顧客サービスの向上に欠かせない重要な役割を担っている。今回は、このシステムに携わったキーマンの方々に導入の背景からシステム概要、及び成果について伺った。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2010/08/31
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2
ファイルサイズ3.60 MB
対象業種製造、流通、サービス
対象企業規模中堅・中小企業