レポート

日本セーフネット株式会社

プラットフォームの仮想化とソフトウェアライセンシング: ソフトウェアベンダのためのベストプラクティス

注目の仮想化! 仮想化はソフトウェアライセンシングの世界をどのようにかえるのか? そしてその対応策は?

要約

 インターネットには、仮想化の定義がたくさんありますが、それぞれ違いはあるものの相互に関連しています。さらに詳細に調べると、そのほとんどがデータセンターを効率化するためのプロセスとアプローチに焦点を置いていることが分かります。仮想化は、長年にわたりテストと開発に使われてきましたが、現在の経済環境によりコストの削減と運用の効率化を図る方法として急速に広まりつつあります。

 しかしプラットフォームの仮想化は、ソフトウェアライセンスに準拠しようと努力しているエンドユーザにとっても、顧客導入を進めながらライセンスの準拠を強化して収益を確保しようとしている独立系ソフトウェアベンダ(ISV)にとっても、懸念となっています。

 本書では、仮想化とその優位性、そして仮想化がソフトウェアライセンシングの世界でこれほどまでに注目の的となっている理由について説明します。そして、ISV が仮想環境で適切なソフトウェアライセンシングを実現するための選択肢についての説明と、ベストプラクティスを紹介します。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2010/09/01
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ546 KB
対象業種その他
対象企業規模全企業規模向け