レポート

日本セーフネット株式会社

2010年、金融サービス企業に差し迫るオンラインバンキングへの脅威

2010年、金融サービス企業が直面するセキュリティ脅威とは? その脅威を分析し、防衛策を考える。

要約

 本ホワイトペーパーでは、2010年、金融サービス企業が直面する脅威を分析し、顧客の信頼と安心を獲得し、セキュリティリスクを減らし、競合優位性を維持するために、どのように脅威と脆弱性を識別し、セキュリティ対策を講じればよいかを述べる。

 2010年、金融サービス企業は容赦のないセキュリティ脅威にさらされ続けている。

 攻撃の対象はオンラインバンキング、取引サイト、従業員やパートナーが使用する社内システム、アプリケーションに広がり、攻撃の手段はますます高度なものへと変化している。顧客と、その金融資産を守るための戦いはますます大規模で複雑なものになり、組織のインフラ、資産、顧客情報があらゆる点で保護されているという保証が金融サービスを行ううえで極めて重要なファクターとなる。

 そこで、新しいビジネスサービスを迅速に展開し、顧客の信頼を得て継続的な利用を勝ちとるために、企業はオンラインサービスをとりまく脅威に、常に対応できるよう、事前に対策を打ち、コンプライアンス対策を進めることが必要である。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2010/04/13
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間16ページ
ファイルサイズ424 KB
対象業種金融・保険、その他
対象企業規模大企業