事例

Cloudera株式会社

ビッグデータ環境を短期間でクラウド移行――AWSへの移行成功の秘訣とは?

広告の効果把握・分析ツールを運用していたCyberZは、オンプレミスで運用してきたビッグデータ環境の限界に直面していた。運用の属人化や保守負担の増大などの課題を解決するため、同社はビッグデータ環境のクラウド移行に成功した。

要約

 スマートフォンに特化した広告マーケティング会社CyberZは、スマホ広告の効果把握・分析ツールを国内で展開している。しかし、オンプレミス環境で立ち上げた同ツールには、ビッグデータ環境の属人化や、運用保守負担の増大、グローバル展開の困難さといった課題も抱えていた。

 そこで、同社が考えたのがクラウドへの移行だ。「Amazon Web Services」(AWS)に移行するとともに、ベンダーロックインの発生しないデータ統合基盤を採用。複数アカウントやクラスタでの柔軟な運用、高信頼なジョブ管理やオペレーションを容易に実現できることも大きなメリットだった。

 この新たな環境によって、従来の課題を解決するだけでなく、事業開発におけるスピード向上にもつながったという。本資料では、ビッグデータ環境のクラウド移行がもたらすメリットと、その効果的な移行に成功した同社の手法を詳しく紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. 閲覧するコンテンツに関連する以下の業務課題で当てはまるものがあれば、いくつでもお選び下さい。(必須)

Q2. Q1で選択した課題を解決するためのIT製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください。(必須)
Q3. Q1で選択した課題を解決するために知りたい情報があれば、いくつでもお選び下さい。(必須)

個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「Cloudera株式会社」に収集される
  • 「Cloudera株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「Cloudera株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/10/11
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ573 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け