レポート

アイティメディア株式会社

Windows 10 Sが「学校用デバイスといえばChromebook」という“常識”を覆す?

教育市場を主なターゲットとして誕生した「Windows 10 S」。その搭載デバイスは、既に教育機関からの支持を得ている「Chromebook」の有力な対抗馬になり得るのか。

要約

 教育機関向けライセンスの提供に加え、学生のプログラミングや教員のIT活用に関するコンテストを開催するなど、古くから教育市場に関与してきたMicrosoft。そんな同社が、教育機関向け製品として新たに投入したのが「Windows 10 S」だ。

 同社のOS「Windows 10」の簡略版という位置付けのWindows 10 Sは、エンドユーザーが利用できるアプリケーションを限定してセキュリティや管理性を高め、かつ価格を抑えた。専任管理者がいないことが一般的で、かつ大量のデバイスを調達する必要がある教育機関の事情を踏まえたOSだ。

 実は同様のコンセプトで、特に米国の教育市場で支持を集めるライバル製品がある。GoogleのクライアントOS「Chrome OS」を搭載した「Chromebook」がそれだ。調査会社Futuresource Consultingが2016年に実施したK-12(幼稚園から高等学校まで)のOSシェア調査によると、世界ではWindowsが65%と圧倒的だが、米国ではChrome OSが58%と過半数を占めた。

 Windows 10 Sは、教育市場においてChromebookを置き換える選択肢となり得るのか。TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料で検証する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/09/21
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ273 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け