製品資料

ヴイエムウェア株式会社

ソフトウェアベースでインフラ刷新、次世代仮想化基盤の3つのメリットとは?

仮想化とクラウドにより、効率化とコスト削減は大きく進んだが、ストレージやネットワークは依然としてハードウェアに依存している。そこで、昨今ソフトウェアベースのアプローチでインフラの刷新を目指す動きが加速している。

要約

 仮想化とクラウドというソフトウェアベースのソリューションによって、データセンターのインフラは劇的な効率化とコスト削減を果たした。しかし、ストレージやネットワークは依然としてハードウェアに依存しているため、管理やメンテナンスの手間は従来のままになっている。

 顧客のニーズに応え、競争力を維持するためには、データセンターのあらゆる領域をソフトウェアベースに移行することが望ましい。それを実現するのが、コンピューティング、ストレージ、ネットワークをx86サーバに統合したハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。

 HCIの導入によって、既存の環境やスキルを生かしながら、スムーズにインフラを移行できる。また、ハードウェアコストが大幅に削減されるだけでなく、変化の激しいビジネスニーズに応えるための将来的な拡張にも柔軟に対応できるという。本コンテンツでは、ソフトウェアベースのアプローチにより、このようなインフラ刷新を実現する方法を紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/09/12
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ537 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け